行政

ようこそ市長室へ   





高萩市長 小田木 真代

 

愛する郷土たかはぎ発展のために
〜「安全な」「安心な」「活力ある」街づくり〜

このたび、市民の皆様の負託をいただき、市政を担うこととなりました。県議会議員から、より市民の皆様に身近な市長へと立場を替え、これまで培った経験、知識、人脈などを最大限活かし、まごころと情熱を込めて、生まれ育った高萩市に恩返しをしたいと思います。

高萩市においては、県北の他の市町同様に人口の減少や少子高齢化の更なる進行が課題であることはもちろん、駅前の活性化、高萩協同病院や日本加工製紙の跡地活用などにも取り組んでいかなければなりません。また、消防や救急指令など広域的な行政運営は不可欠であり、周辺市との連携を図っていく必要があります。

地方分権が進展する中、これらの課題を一つひとつ解決しながら、高萩市を復興させ、新たな価値をもった地域づくりが私に課せられた使命であり、その大変重い責任に改めて身の引き締まる思いであります。

行政運営については、「市民のために、市民とともに」を基本理念として、責任ある行政を進めてまいります。

主な施策としては、「安全な」「安心な」「活力ある」街づくりの3つの柱を考えております。

第一に、大震災からの復興と防災対策を確実に進め、様々な災害にも強い街、また通学路の安全対策や学校の耐震化を進め、子どもにも「安全な」街を創ってまいります。

次に、若い世代の方々が生活も子育てもしやすい環境を整え、また高齢者や障害のある方々も暮らしやすいと感じることができる「安心な」街にしていきたいと考えております。

また、市内中小企業への支援や新たな企業等の誘致により働く場を確保するとともに、自然、歴史を活かした観光やロケ地誘致などにより交流人口を拡大することにより「活力ある」街への再興を図ってまいります。

なお、指定廃棄物の最終処分場については、国の責任において安全対策を十分に講じたうえで、現在の場所に当分の間保管することが適当ではないかと考えております。今後、環境省のアンケート調査が予定されていることから、市町村の意見を踏まえながら適切に判断していきたいと思います。

議会と執行部は車の両輪と例えられるとおり、一緒になり街づくりを進めていくことが重要であります。このため、市民の代表である議員の皆様とも十分に議論を進め、これらの政策の実現に全力で取り組んでまいります。


施政方針・施政経過

市長へのメール

市長への提言箱

市長・副市長交際費


このページに関するお問い合わせは秘書課 秘書Gです。

高萩市役所 仮設庁舎B棟2階 〒318-8511 茨城県高萩市春日町3-10-16

【TEL】0293-23-7320(直通)

【FAX】0293-24-4653

問い合わせフォームはこちら