浄化槽

浄化槽をご利用になるみなさまへ

 

合併処理浄化槽とは、家庭からでる生活排水を微生物の働きを利用してきれいな水にするための施設です。
合併処理浄化槽が本来の性能を発揮するためには、浄化槽管理者(設置者)が「保守点検」・「清掃」・「法定検査」の3つの維持管理を適切に行うことが必要となります。
 

また、設置から廃止まで下のとおり各種届出が義務付けられています。

  <参考:浄化槽の設置から廃止まで>

 浄化槽フロー 

 A:住宅の新築等に伴って浄化槽を設置する場合は、建築確認申請に浄化槽明細書を添付します。

既存住宅に浄化槽のみを新規に設置する場合は、浄化槽設置届出書を市町村長へ提出します。

※平成22年4月より、浄化槽明細書、浄化槽設置届出書を提出する際には、「保守点検」・「清掃」・

「法定検査」を一本化した「浄化槽一括契約書」の添付が必要となります。

「保守点検」…茨城県に登録している保守点検業者

「 清掃 」…高萩市の許可を受けた清掃業者

「法定検査」…指定検査機関(公社)茨城県水質保全協会

 

 B:浄化槽の設置工事は、茨城県の登録を受けた(あるいは届出をした)浄化槽工事業者により

行ってください。

 

 C:浄化槽を使用する場合には、事前に保守点検契約(浄化槽一括契約書により契約)を締結し

ている業者が使用前点検を行います。

使用開始後は浄化槽の種類(処理方式)、規模に応じ、必要な回数の点検を行います。

保守点検は、技術上の基準に従って行いその記録を保存します。

 

 D:浄化槽の使用開始後30日以内に、浄化槽使用開始報告書を市町村長へ提出します。

 

 E:浄化槽の使用開始後3~5ヶ月の間に、茨城県指定検査機関である(公社)茨城県水質保全協会

の法定検査(浄化槽法第7条検査)を受けます。検査は有料です。

 

 F:定期的に保守点検及び清掃を実施します。保守点検は年3回から4回、清掃は毎年1回、事

前に保守点検契約、清掃契約(浄化槽一括契約書により契約)を締結している業者が行います。

保守点検、清掃は、技術上の基準に従って行いその実施記録を保存します。

 

 G:毎年1回、(公社)茨城県水質保全協会が実施する法定検査(浄化槽法第11条検査)を受けます。

定期検査は、保守点検や清掃とは別に受ける必要があります。この検査の申込み手続きは、保

守点検業者や清掃業者が代行している場合もありますので確認してください。

 

 H:住宅の売買等により浄化槽管理者が変更したときは、その日から30日以内に浄化槽管理者

変更報告書を市町村長へ提出します。

 

 I:公共下水道へ接続等により浄化槽を廃止したときは、その日から30日以内に浄化槽使用廃

止届出書を市町村長へ提出します。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは環境衛生課 環境衛生Gです。

高萩市役所 本庁舎2階 〒318-8511 茨城県高萩市本町1-100-1

電話番号:0293-23-7031 ファックス番号:0293-22-0106

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る