1. ホーム>
  2. くらしの情報>
  3. 保険・年金>
  4. 国民健康保険>
  5. 医療費が高額になったとき

医療費が高額になったとき

医療費が高額になる場合は以下のような手続きがあります。

・「限度額適用認定証」、「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付
外来・入院とも、「限度額適用認定証」(住民税非課税の人は「限度額適用・標準負担額減額認定証」)を医療機関の窓口で、保険証と一緒に提示することにより、世帯の限度額までで支払が済むようになります。また、住民税非課税世帯の方は認定証を提示すると食事代の減額を受けることができます。

・高額療養費の支給
1ヶ月の医療費が自己負担限度額を超えたときは、超えた分が高額療養費として国保から払い戻されます。

※70歳未満の方の自己負担限度額が平成27年1月診療分より、所得により3区分から5区分に見直されました。

 

70歳以上75歳未満の方の自己負担限度額は変わりありません。

 

自己負担限度額(月額) 70歳未満の方の場合 <平成27年1月診療分から>

 

所得区分 総所得金額等※1 3回目まで 4回目以降

上位所得者(ア)

901万円超 252,600円
・医療費が842,000円を超えた場合は
超えた分の1%を加算
140,100円
上位所得者(イ)

600万円 ~

901万円以下

167,400円
・医療費が558,000円を超えた場合は
超えた分の1%を加算
93,000円

一   般

(ウ)

210万円 ~

600万円以下

80,100円
・医療費が267,000円を超えた場合は
超えた分の1%を加算
44,400円

一   般

(エ)

210万円以下

57,600円 44,400円
住民税非課税世帯(オ)※2 35,400円 24,600円

※1 国民健康保険税の算定基礎となる基礎控除後の所得金額の合計額

※2 同一世帯の世帯主とすべての国保被保険者が住民税非課税の人

 

 

 

 

自己負担限度額(月額)70~74歳の方の場合

所得区分 外来(個人) 入院(世帯単位) 4回目以降
現役並み所得者 44,400円 80,100円+(医療費-267,000円)×1% 44,400円
一     般 12,000円 44,400円
低所得2(非課税世帯) 8,000円 24,600円
低所得1(非課税世帯) 8,000円 15,000円

高額療養費の計算方法について

高額療養費について下記のホームページにも掲載されています。

http://www.ibaraki-kokuhoren.or.jp/cms/hihokenshanokata/seidotounoannai/hihoken0001

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保険医療課 国保Gです。

高萩市役所 本庁舎1階 〒318-8511 茨城県高萩市本町1-100-1

電話番号:0293-23-2117 ファックス番号:0293-23-5151

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る