1. ホーム>
  2. くらしの情報>
  3. 保険・年金>
  4. 国民健康保険>
  5. 高額療養費の計算方法(70歳未満)

高額療養費の計算方法(70歳未満)

具体例1(区分オ:70歳未満の非課税世帯)

『同月内に複数の医療機関に受診している場合』

 

(外来)(外来)(入院)

「合算対象」 21,00021,000 21,000

「自己負担」20,00024,500 25,000

 

医療機関の合算対象は21,000円以上の支払いをしている医療機関だけになり、上記の例では医療機関Bと医療機関Cになります。また、院外処方の調剤薬局は病院の自己負担金と合算されます。

24,500円+25,000円=49,500

住民税非課税世帯の限度額が35,400円なので、

49,500円-35,400円=14,100

以上から14,100が高額療養費として払い戻されます。

 

具体例2 (区分ウ:70歳未満の課税世帯)

『同月内に同じ医療機関に入院と外来で受診している場合』

入院の医療費400,000円(10割の額)として

外来入院

「合算対象」 21,000 21,000

「自己負担」 20,000120,000 (3割の額)

同じ医療機関でも入院と外来の計算は別になります。よって外来は21,000円以上の基準を満たしていないので合算の対象とはなりません。

上記の場合の自己負担限度額は、

(400,000円-267,000円×0.01)80,100円=81,430となります。

120,000円-81,430円=38,570

以上から38,570が高額療養費として払い戻しされます。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保険医療課 国保Gです。

高萩市役所 本庁舎1階 〒318-8511 茨城県高萩市本町1-100-1

電話番号:0293-23-2117 ファックス番号:0293-23-5151

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る