1. ホーム>
  2. くらしの情報>
  3. 住まい>
  4. 建物を建てる>
  5. 地形の確認(がけ)

地形の確認(がけ)

地形の確認(がけ)について

がけ崩れまたは土砂の流出等から人命や財産を守るため、がけ付近に建物を建てる場合には、がけの形状、土質または建築物の位置・構造等に応じて安全な擁壁を設置することを義務づけています。

対象となるがけは、水平面から勾配が30度を超え、かつ、高さが2mを超えるものであり、これに対する危険区域は下記のがけ地盤面から、がけの高さの2倍以内の範囲としています。

がけ取扱い

 

ただし、次に該当する場合は、建築が可能です。

  1. 堅固な岩盤を斜面とするがけまたは特殊な構造方法もしくは工法によって保護されたがけで、安全上支障がないと認められる場合
  2. がけ下に建築物を建築する場合において、その主要構造部を鉄筋コンクリート造または鉄骨鉄筋コンクリート造とした建築物で、がけ崩れ等に対し安全な設計と認められる場合

 

土砂災害特別警戒区域

「土砂災害特別区域」とは、急傾斜地等の土砂災害が起こる可能性の高い土地に関して建築物の構造の規制などがかかる地域です。土砂災害特別警戒区域に建築(居室を有するもの)する場合は、外壁等をがけ崩れ・土石流・地滑りに対し、安全なように鉄筋コンクリートで造る、または、門・塀を設けて衝撃を遮る必要があります。詳細については下記リンク先をご参照ください。

茨城県土木部河川課-茨城県土砂災害

なお、高萩市における土砂災害特別警戒区域は以下の通りです。

土砂災害特別警戒区域等の危険箇所

 

急傾斜地崩壊危険区域

「急傾斜地崩壊危険区域」とは、急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律第3条により都道府県知事が指定する災害危険区域です。高萩市においては、建築基準条例により「急傾斜地崩壊危険区域」を建築基準法第39条の災害危険区域として定めています。この区域では、住居の用に供する建築物の建築が規制されます。ただし、建築物の構造若しくは敷地の状況又は崩壊防止工事の施工により建築できる場合があります。

区域は以下の通りです。詳細については茨城県高萩工事事務所(0293-22-2212)にお問い合わせください。

急傾斜指定区域

区域名称 区域数
安良川地区急傾斜崩壊危険区域 1
滝坂地区急傾斜崩壊危険区域 4
宮後地区急傾斜崩壊危険区域 2

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは都市整備課 建築指導検査Gです。

高萩市役所 本庁舎2階 〒318-0033 茨城県高萩市本町1-100-1

電話番号:0293-23-7034 ファックス番号:0293-23-7038

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る