翻訳閉じる

子育て・教育・スポーツ

公民館の歌

 

公民館の歌(自由の朝)

山口 晋一 作詞
下総 皖一 作曲


1 平和の春に あたらしく
  郷土を興す よろこびも
  公民館の つどいから
  とけあう心 なごやかに
  自由の朝を たたえよう

2 心の花の におやかに
  郷土にひらく ゆかしさも
  公民館の つどいから
  希望を胸に 美しい
  文化の泉 くみとろう

3 働くものの 安らかに
  郷土に生きる たのしさも
  公民館の つどいから
  まどいになごむ ひとときに
  明日への力 そだてよう

 

 1946(昭和21)年7月、文部次官通牒により「公民館の設置」が奨励され、これを受けて9月に
は、「公民館設置促進中央連盟」が官民の協力で結成されました。
 この連盟と毎日新聞社が、文部省後援により実施したのが、公民館活動の理念を示す「公
民館の歌」の歌詞の全国公募です。全国からの1,017件の応募から作家の川端康成、文部省
(当時)、日本放送協会、毎日新聞社、日本レコード協会などの代表による審査団によって選ば
れたのが、この歌詞です。この歌は、今でも公民館関係者の間で歌い継がれています。



関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課 中央公民館です。

〒318-0034  高萩市高萩17-3

電話番号:0293-23-1125 ファックス番号:0293-24-4788

メールでのお問い合わせはこちら