翻訳閉じる

くらしの情報

つくってみよう!マイナンバーカード 申請~受け取り

マイナンバーカードとは?

『あなたの人生とともに歩むマイナンバー800』の画像

(新しいウインドウで開きます)

 

マイナンバーカードは、希望する方に交付される顔写真付のカードです

氏名・住所・性別・生年月日・顔写真・マイナンバー(個人番号)が記載され、公的な本人確認書類として使用することができます。

税や社会保障の手続きにおいてマイナンバーの記入を求められた際、マイナンバーの確認と本人確認を併せて行うことができます。

カード内のICチップに電子証明書が標準搭載され、確定申告書をインターネットで送信するe-Taxなどに使用できます。

 

『マイナンバー表300』の画像 『マイナンバー裏300』の画像

 

 

マイナンバーカード申請方法と申請の流れ

 

住民票の住所に通知カードと個人番号カード交付申請書が、簡易書留で届きます。

通知カードをまだ受け取られてない方はこちらから

マイナンバーカードを申請するためには交付申請書が必要です。

交付申請書がない場合には、市役所で再発行ができます。

または、手書き用の交付申請書(個人番号は、必ず記入してください)(新しいウインドウで開きます)封筒(新しいウインドウで開きます)をホームぺージよりダウンロードすることもできます。

 

『チャート1000』の画像

(新しいウインドウで開きます)

『ステップ番号』の画像

(新しいウインドウで開きます)

 

 

1.郵便による申請

個人番号カード交付申請書に署名または記名・押印し、顔写真を貼り付けます。

交付申請書の内容に間違いがないか確認し、送付用封筒に入れて、郵便ポストに投函します。

郵便による申請方法についてはこちら

スマートフォンのカメラで顔写真を撮影します。

交付申請書のQRコードを読み込み申請用WEBサイトにアクセスします。画面にしたがって必要事項を入力の上、顔写真を添付し送信します。

スマートフォンからの申請方法はこちら

 

 

3.パソコンによる申請

デジタルカメラで顔写真を撮影し、パソコンに保存します。

交付申請用のWEBサイトにアクセスします。画面にしたがって必要事項を入力し、顔写真を添付して送信します。

※交付申請書に記載の申請書ID(半角数字23桁)を入力してください。申請書IDに誤りがあると正しくカードが発行されませんので、お間違いのないよう入力してください。

パソコンからの申請方法はこちら

 

 

4.まちなかの証明写真機からの申請

 

タッチパネルから「個人番号カード申請」を選択し、撮影用のお金を入れて、交付申請書のQRコードをバーコードリーダーにかざします。 

画面の案内にしたがって、必要事項を入力し、顔写真を撮影して送信します。

対応しているまちなかの証明写真機

[外部リンク(株式会社DNPフォトイメージングジャパン)]

[外部リンク(日本オート・フォート株式会社)]

[外部リンク(富士フイルム株式会社)]

[外部リンク(三吉工業株式会社)]

[外部リンク(株式会社プラザクリエイト)]

 

 

マイナンバーカードの受け取りについて

マイナンバーカードを申請した方は、カードの準備が整い次第、下記のような「交付通知書」(はがき)を郵送します。

『交付通知書』の画像

交付通知書(はがき)が手元に届きましたら、必要書類等を持参のうえ、必ず本人が窓口までお越しください。

なお、交付の手続きにはお時間がかかりますので、お時間に余裕を持ってお越しください。カード交付は2台の機械で行っておりますが、混雑状況によりお待ちいただくようになります。ご理解、ご協力をお願いいたします。(混雑時:月曜日)

 

受け取りに必要なもの

 

【本人来庁の場合】

1.通知カード(紛失している場合でも交付は可能です)

2.交付通知書(「回答欄」に記入してください)

3.本人確認書類(下表のAまたはB)

4.住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)

5.印鑑

 

【法定代理人(15歳未満の子の親権者、成年後見人)来庁場合】

※交付申請者本人とともに来庁していただく必要があります。

1.通知カード(紛失している場合でも交付は可能です)

2.交付通知書(「回答欄」に記入してください)

3.申請者の本人確認書類(下表のAまたはB)

4.住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)

5.印鑑

6.戸籍謄本その他資格を証明する書類(ただし、「本籍地が市区町村の区域内である場合」または「ご本人が

  15歳未満の者で、代理人と同一世帯かつ親子関係にある場合」は不要)

7.代理人の本人確認書類(下表のAから1点、またはBから2点)

 

【任意代理人来庁の場合】

本人が病気、身体の障害などのやむを得ない理由で受取りに来るのが難しい場合に限り、代理人にカードの受取りを委任できます。

1.通知カード(紛失している場合でも交付は可能です)

2.交付通知書(「回答欄」に記入してください)

3.申請者の本人確認書類(下記Aから1点とBから1点、またはBから3点 注:顔写真付きの本人確認書類が

  1点以上必要です。)

4.住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)

5.印鑑

6.代理人の本人確認書類(下表Aから2点、またはAから1点とBから1点)

7.来庁できないことを証明する資料(診断書、障害者手帳、施設等入所証明書など)

8.委任状(交付申請書を委任状として使用できます)

 

  

1点で本人確認できる書類

運転免許証、パスポート、顔写真付き住民基本台帳カード、在留カード、特別永住者証明書、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者健康福祉手帳、運転経歴証明書(平成24年4月1日以降に交付されたもの)など
 

 上記1点の書類がない場合は、次のうちそれぞれ1点ずつの合計2点

健康保険・介護保険・後期高齢者医療の保険証、医療受給者証、各種年金手帳、児童扶養手当証書、官公庁発行の身分証明書などから1点と、本人名義の預金通帳、銀行カード、社員証、学生証などから1点の合計2点

 

仕事や学業といった理由は、任意代理人がマイナンバーカードをお受け取りできる「やむを得ない理由」に該当しません。平日、来庁できない方々のために日曜日(予約制)に受け取りができます。

 

 

受け取り場所及び時間

マイナンバーカードが受け取れるのは下記の時間帯です。

日曜日は予約制(第3土曜日に続く日曜日は除く)となりますので、事前にご予約をお願いいたします。

交付窓口


受付日時
 

電話番号

 

平日

 

日曜日
(第3土曜日に続く日曜日は除く)

市民課 

 

8時30分から

17時15分まで

 

9時から12時まで

13時から16時まで

0293-23-2116

 

 

通知カードやマイナンバーカードの提示のお願い

住所異動(転入・転居)、氏名変更(婚姻届等)の手続きをする場合は、窓口にて通知カードまたはマイナンバーカードを提示してください。

 

 

公的個人認証等の有効期限について

公的個人認証等の有効期限が近づいた旨の通知は、個人あてに国から送付されます。5回目の誕生日の3か月前から更新手続きが可能です。

 

 

お問い合わせ窓口

マイナンバーカード総合サイト

 https://www.kojinbango-card.go.jp/otoiawase/

 

 

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは市民課 市民Gです。

高萩市役所 本庁舎1階 〒318-8511 茨城県高萩市本町1-100-1

電話番号:0293-23-2116 ファックス番号:0293-23-1755

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

高萩市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?