翻訳閉じる

くらしの情報

消費生活センター~相談の手順~

相談の手順

相談の前に・・・

消費生活センターに相談する前に問題点を整理しておくと、相談がスムーズに行きます。

具体的な内容は、「相談前に準備するもの」を(この画面のまま下へスクロールして)ご覧ください。

相談する

消費生活センターへの相談は、電話でも、窓口(高萩市役所仮設庁舎C棟1階)でも受け付けています。

しかし、契約に関する相談などは、契約書等の書類を慎重に確認しなければなりません。

そのため、最初は電話で相談をお受けしても、「直接窓口にお越しください」とお願いすることがあります。

相談するときには、「いつ・どこで・だれが・なにを・どうしたのか」、丁寧にお話を伺います。

相談結果と相談にいらした方の状況により、「ご自身で交渉していただく」「センターがあっせんに入る」「他の機関を紹介する」といった方法をご提案します。

相談前に準備するもの

消費生活センターに来て(電話して)相談する前に、ちょっと準備しておくだけで相談がスムーズに進みます。相談前に次の点をご確認ください。

業者とのやり取りをメモしておく

  • 業者がいつ、どのように勧誘をはじめたのか。
  • 業者との間でどんなやりとりがあったのか。
  • 業者はどんな説明をしたのか。
  • なぜ、自分はその商品を購入した(サービスを利用した)のか。

記憶がはっきりしているうちに、できればメモを書いておきます。その場合、「いつ」「どこで」「だれが」「何を」「どうした(どう言った)」などの点を意識してメモすると、頭も整理できて、相談もスムーズに進みます。

契約に関する内容を整理しておく

これは特に電話で相談される方に必要です。

電話では、センターの相談員が直接契約書面などを見ることができません。しかし、電話の内容から「どんな勧誘が行われたのか」「どんな問題点が潜んでいるか」いろいろなケースを想定しなければなりません。その場合、判断材料が多ければ多いほど、正確な判断ができます。

そこで、次の点を整理してから電話していただければ、大変助かります。

【 整理しておくとよい項目 】

  • 契約年月日
  • 契約金額
  • 契約相手の会社等の名称・連絡先・担当者名(名刺も残しておく)

契約等に関するものは、すべて保管しておく

一言で言えば、業者が残して帰ったものは、すべて「証拠」です。これらの証拠をしっかり調べることで、悪質業者の落ち度や悪意を立証できることも少なくありません。

例えば、次のようなものは整理して保存しましょう。

  • 契約書面・見積書(業者が販売したものと金額の関係が分かるもの)
  • メモ類(書きなぐったものでも)
  • カタログ・パンフレット・チラシ・名刺など、印刷物すべて
  • 試供品・商品(パッケージ含む)など

 

【 相談・問合せ先 】

高萩市消費生活センター(本庁舎2階) TEL 23-2114

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは観光商工課 商工Gです。

高萩市役所 本庁舎2階 〒318-8511 茨城県高萩市本町1-100-1

電話番号:0293-23-7316 ファックス番号:0293-24-0006

メールでのお問い合わせはこちら