国民健康保険の届出

以下のような場合には、市民課の窓口で14日以内に世帯主または同一世帯の人が届出をしてください。

また、世帯主または同一世帯の人が来られない場合は、代理人(窓口に来る人)が委任状と身分証明書をお持ちのうえ、手続きしてください。

国保に加入するとき

内容 手続きに必要なもの

 職場の健康保険などをやめたとき                                          

 職場の健康保険の被扶養者からはずれたとき                                            

 職場をやめた日付がわかる書類(退職証明書、離職票、資格喪失証明書など)、印かん
 他の市区町村から転入したとき  転入前の市区町村の転出証明書、印かん
 子供が生まれたとき  出生証明書(医師または助産師の証明)、印かん、母子健康手帳
 生活保護を受けなくなったとき  保護廃止決定通知書
 外国籍の方が加入するとき  在留カード

もし、届出が遅れてしまうと

(1)国保の資格を得た月まで遡って国保税を払うことになります。

(2)保険証がない間の医療費は、やむを得ない場合を除き全額自己負担になります。

 

国保をやめるとき

 内容  手続きに必要なもの

 職場の健康保険などに加入したとき                       
 職場の健康保険の被扶養者になったとき

 国保と加入した職場の健康保険の両方の保険証(後者が未交付の場合は、加入を証明するもの)、印かん

 他の市区町村に転出するとき  保険証、印かん
 国保の被保険者が死亡したとき  保険証、印かん

 生活保護を受けるようになったとき

 保険証、保護開始決定通知書
 後期高齢者医療制度に移行したとき

◇75歳到達の場合
 届出不要
◇65歳から74歳で一定の障がいがあると認定された場合
 保険証、印かん、身体障害者手帳・療育手帳等障害内容が確認
 できるもの

 外国籍の人がやめるとき  保険証、在留カード

 

もし、届出が遅れてしまうと

(1)資格の喪失した保険証で診療を受けると、国保が負担した医療費を返還していただくようになります。

(2)他の健康保険などに加入すると、保険税を二重払いすることになります。


修学のため、他の市町村に住所を移したとき

修学(大学進学など)のため転出される場合は、特例として、引き続き高萩市国保の加入者となるため、転出先の住所を記した新しい保険証を交付します。
これには、届出が必要となるため、住民異動(転出の届出)の際に、「修学のための転出」である旨をお申し出ください。
届出をせず転出してしまうと、無保険、または誤った国保加入の原因になってしまいますので、ご注意ください。

届出に必要なもの
(1)今までの保険証
(2)在学証明書の原本(入学前に手続きを行う場合には、保険医療課にお問い合わせください)

また、修学を終えたら、その旨の届出を行い、保険証の返却を行ってください。

その他の届出

内容   手続きに必要なもの
住所、世帯主、氏名などが変わったとき                             保険証、印かん
世帯を分けたり、一緒になったりしたとき
保険証を紛失、汚損したとき

身分を証明するもの(マイナンバーカード、運転免許証、年金証書、介護保険証など)、印かん、使用不可の保険証

国保の届け出について下記のホームページにも掲載されています。

http://www.ibaraki-kokuhoren.or.jp/cms/hihokenshanokata/seidotounoannai/hihoken0001

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保険医療課 国保Gです。

高萩市役所 本庁舎1階 〒318-8511 茨城県高萩市本町1-100-1

電話番号:0293-23-2117 ファックス番号:0293-23-5151

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る