1. ホーム>
  2. くらしの情報>
  3. コロナウイルス関連>
  4. 「新しい生活様式」における熱中症予防

「新しい生活様式」における熱中症予防

 熱中症は毎年7月から8月にかけて多く発症し、特に梅雨が明けて急に暑くなる7月は体が暑さに慣れていないため、熱中症や熱中症の疑いによる救急搬送者数が増加しています。
 この夏は、新型コロナウイルス感染拡大防止対策の「新しい生活様式」によるマスクの着用により、熱中症のリスクが高まります。例年以上に熱中症予防を心掛けましょう。

熱中症は予防が大事!

下記の人は特に注意!

  • 小さなお子さん
    • 汗腺をはじめとした体温調節機能が十分に発達していないため、気温が皮膚温よりも高くなったときに深部体温が上昇し、熱中症を起こしやすくなります。
    • 身長の低いお子さんは、地表面からの熱の影響を受けやすく、大人よりも熱中症になりやすいので、特別な注意が必要です。
  • 高齢者
    • 暑さを感じにくく、体温調節機能も低下し、暑さに対する抵抗力が少なくなっているので、注意が必要です。
    • のどの渇きを強く感じないため、水分不足になりがちで、気づかないうちに熱中症を発症している場合があります。熱中症にならないためには、のどが渇いていなくても、こまめに水分を補給しましょう。
  • 持病のある人・熱中症になったことがある人
    • 糖尿病、高血圧症、心疾患、腎不全、精神神経系の疾患、広範囲の皮膚疾患で治療を受けている人は、熱中症を発生しやすいとされています。また、以前熱中症になったことのある人も特に注意しましょう。
  • 体調の悪い人
    • 寝不足や疲れがたまって体調が悪いときや、二日酔いや下痢で体内の水分が減っているときには、体温を調節する身体の仕組みが普段通りに働かないため、熱中症を起こす危険性が高くなります。
  • 肥満や運動不足、暑さに慣れていない人
    • 皮下脂肪が多いと、身体の中の熱を逃がしにくくなり、また、重い身体を動かすため、より多くの熱が発生するため、危険性が高くなります。また、体力や持久力の低い人も暑さに弱いため、注意が必要です。

こんな日は熱中症に注意!

  • 気温・湿度が高い
  • 日差しが強い
  • 風が弱い
  • 急に暑くなった など

熱中症予防×新型コロナ感染防止で「新しい生活様式」を健康に!

 『熱中症予防×新型コロナ感染防止 1』の画像  『熱中症予防×新型コロナ感染防止 2』の画像

 
1 暑さを避けましょう

  • エアコンの設定温度や扇風機を利用して、部屋の温度を調節しましょう。
  • 新型コロナウイルス感染予防のため、換気扇や窓を開放して換気を行いましょう。
  • 暑い日・時間帯の外出は避け、活動は無理のない範囲で行いましょう。
  • 涼しい服装を心がけ、外出時は日傘や帽子を活用しましょう。
  • 急に暑くなった日には、特に注意しましょう。
  • 熱中症は、その日の体調が影響します。
    前の晩に深酒をしたり、朝食を抜くなどの状態で暑い環境に行くのは避けましょう。
  • 少しでも体調に異変を感じたら、涼しい場所に移動し、水分を補給しましょう。

 

暑さ指数(WBGT)」を活用しましょう

 「暑さ指数(WBGT)」とは、気温・湿度・放射熱を基に算出した指数です。
 同じ気温でも、温度が高ければ熱中症になりやすくなります。
 気温だけでなく、暑さ指数予測を活用して熱中症を予防しましょう。

 暑さ指数予測は、下記の環境省ホームページからご覧ください。
  【環境省】熱中症予防情報サイト「暑さ指数(WBGT)の実況と予測」

 

2 ときどきマスクを外しましょう

  • 高温・多湿などの環境でのマスク着用は、熱中症のリスクが高くなるため注意しましょう。
  • 屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合は、マスクを外しましょう。
  • マスクの着用中は負荷のかかる作業や運動は避けましょう。
    周囲の人との距離が十分にとって、マスクを一時的に外して休憩しましょう。

3 こまめに水分補給をしましょう

  • のどが渇く前に、こまめに水分補給しましょう(目安は1日あたり1.2リットル)。
  • 大量に汗をかいたときは、スポーツドリンクや塩あめなどで水分とともに塩分も補給しましょう。

4 日頃から健康管理をしましょう

  • 日頃から体温測定や健康チェックをしましょう。
  • 体調が悪いと感じたときは、無理せず自宅で静養しましょう。

5 暑さに備えた体づくりをしましょう

  • 暑くなり始めた時期から、適度に運動をしましょう。
  • 水分補給を忘れずに、無理のない範囲で行いましょう。
  • 「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる強度で毎日30分程度行い、体が暑さに慣れるようにしましょう。

こんな症状があったら、熱中症を疑いましょう

『熱中症 1』の画像  『熱中症 2』の画像

 

熱中症の症状と重症度

症度 主な症状 処置
軽度  ・めまい、失神
 ・筋肉痛、筋肉の硬直
 ・大量の発汗
 現場での応急処置が可能
 中等症  ・頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐
 ・力が入らない
 ・体がぐったりする(熱疲労・熱疲弊)
病院への搬送が必要
重症  ・意識がなくなる
 ・けいれん
 ・歩けない
 ・刺激(呼びかけ)への反応がおかしい
 ・高体温(熱射病)
入院・集中治療が必要

 

熱中症になったときの応急処置

 もし、あなたの周りの人が熱中症を発症した場合には、落ち着いて周りの状況を確かめて、下記のとおり対処しましょう。最初の処置が肝心です。

意識がある・反応が正常な場合

  1. 涼しい場所へ避難させる
    (風通しのいい日陰、クーラーの効いた室内 など)
  2. 衣服を脱がせ、体を冷やす
    ※体に水をかけたり、ぬれタオルをあてて扇ぐことも効果的です。
  3. 水分・塩分を補給する
    (スポーツドリンク・塩飴 など)
    ただし、水を自力で飲めない、または症状が改善しない場合は、直ちに救急車を呼びましょう。

意識がない・反応がおかしいとき

  1. 救急車を呼ぶ
  2. 涼しい場所へ避難させる
    (風通しのいい日陰、クーラーの効いた室内 など)
  3. 衣類を脱がせ、体を冷やす
    ※体に水をかけたり、ぬれタオルをあてて扇ぐことも効果的です。
  4. 医療機関に搬送する
    倒れたときの状況が分かる人が医療機関に同行しましょう。

 関連リンク

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康づくり課です。

高萩市総合福祉センター1階 〒318-8511 茨城県高萩市春日町3-10

電話番号:0293-24-2121 ファックス番号:0293-22-0700

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る