1. ホーム>
  2. 観光・イベント>
  3. 観光・イベントのお知らせ>
  4. 歴史民俗資料館で『長久保赤水特別展』を開催中です!

歴史民俗資料館で『長久保赤水特別展』を開催中です!

 8月11日(火)から、歴史民俗資料館で『重要文化財指定記念 長久保赤水特別展』を開催し、赤水の代表作である「赤水図」などの地図類や書画などの資料を展示しています。
 この特別展は、赤水関係資料693点が「赤水の学問の内容、交友関係、生涯の事績を考えるうえで最もまとまった資料群で、江戸時代中後期の文化史、地図史等の研究に学術価値が高い」と評価され、国の重要文化財に指定されたことを記念し、開催するものです。
 11月15日(日)まで特別展を行っていますので、みなさんぜひお越しください。

 

日本地図の先駆者「長久保赤水」とは?

 長久保赤水は江戸時代の儒学者です。高萩市赤浜の農家に生まれ、学才が認められて第六代水戸藩主治保の侍講(教師)となり、江戸に勤務するかたわら、地理学・天文学・農政学等多岐の分野にわたる研究成果を残しました。
 また、日本地図や中国図・世界図などを製作したほか「大日本史」地理志の編纂(へんさん)を行いました。
 赤水の代表作である「改正日本輿地路程全図」(赤水図)は、伊能忠敬が実測して作成した日本地図「大日本沿海輿地図」(伊能図)の完成より40年以上前に発刊され、地図の定番として広く普及しました。
 詳しくは、市ホームページ「長久保赤水」をご覧ください。

 

『長久保赤水特別展1』の画像  『長久保赤水特別展2』の画像

『長久保赤水特別展3』の画像  『長久保赤水特別展4』の画像

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課です。

高萩市役所 本庁舎2階 〒318-8511 茨城県高萩市本町1-100-1

電話番号:0293-23-1132 ファックス番号:0293-23-1126

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る