翻訳閉じる

くらしの情報

新型コロナウイルス感染予防に関する市長メッセージ(1月22日)

 皆様におかれましては、日頃より新型コロナ感染拡大防止のためご尽力を賜り、深く感謝を申し上げます。

 ご承知の通り、新型コロナウイルス感染は現在も全世界に広がり、収束の目途が立っておりません。茨城県内全域においても、接待を伴う飲食店や酒類提供飲食店、その他の飲食店、高齢者施設、家庭、学校や職場など、様々な場所で感染が確認されています。

 本市における新型コロナウイルス感染者数も増加し、1月21日現在で累計19名となっております。

 新型コロナウイルス感染症は、高齢者や基礎疾患のある方が感染した場合には重症化リスクが非常に高く、死に至る場合もあり、若い方であっても(内臓機能)後遺症が残るリスクがあります。

 市民の皆様や事業者の皆様には感染拡大防止のご協力をいただいている中でありますが、皆様の大切な命と暮らしを守るため、次の1)~3)を確実に実行してくださいますようお願いします。

1)新型コロナウイルス感染可能期間は発症日の2日前からとされています。疑わしい症状がありましたら、できる限り外出を控え、かかりつけ医や保健所の指示に従って生活してください。

2)濃厚接触者となった方は、無症状であってもできる限り外出を控え、2週間の健康観察期間を在宅にてお過ごしください。

3)同居の方が感染された場合、感染者以外の方々もできる限り外出を控え、ご自宅でお過ごしください。お子様の場合は登校・登園をお控えください。

(同居の方が濃厚接触者に指定された場合には、その方の検査結果が出されるまで、濃厚接触者以外の方々も上記に準じてお過ごしいただき、陰性が確定してから外出をしてください。)

 本市では、3月を目途に、一日でも早くワクチンを接種できる体制づくりに全力を尽くしてまいります。

 感染はいつでも起こり得ます。市民の皆様には今まで以上に感染症予防対策に関する意識を高め、マスクの着用や手指消毒、毎日の検温など体調管理の徹底を図っていただきますよう、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

令和3年1月22日
高萩市長 大部 勝規