4月からのコロナワクチン接種

令和6年度(2024年4月1日)以降の新型コロナワクチン接種は、予防接種法上の特例臨時接種から季節性インフルエンザと同様個人の重症化予防を目的に、以下のとおり制度が変更されました。
また、これらの情報は現時点でのものであり、国の方針次第では変更となる場合があります。

現在と令和6年度以降の比較

  現在(令和6年3月31日まで) 令和6年度以降(令和6年4月1日から)

接種の分類

特例臨時接種 B類疾病の定期接種
対象者 生後6か月以上の方
  1. 65歳以上の高齢者の方
  2. 60~64歳で重症化リスクが高い方

※2の範囲は季節性インフルエンザの定期接種と同様
※上記対象者以外も任意接種として受けることができます。

使用ワクチン
  • ファイザー社
  • モデルナ社
  • 武田社
  • 第一三共社
未定
接種期間と回数

【令和5年秋開始接種】
令和5年9月20日から令和6年3月31日の間に1回

時期は秋冬を想定(年に1回)

費用 無料 原則、一部自己負担あり(金額等未定)

 

このページの内容に関するお問い合わせ先

健康づくり課(新型コロナウイルスワクチン対策室)

〒318-0031 高萩市春日町3-10 総合福祉センター 1階

電話番号:0293-24-5760

ファクス番号:0293-24-5761

メールでお問い合わせをする
  • 【ID】P-6712
  • 【更新日】2024年4月15日
  • 【アクセス数】
  • 印刷する